オープニング ザ ハート

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。

3年前の春先に初めて霊気のセッションを受けた。その頃、怪我のためにヨガが出来ず背中の痛みが慢性化してきたので、友人に薦められた先生のところに行ってみた。
エネルギーワーカーの多くの人の様に、その人は各チャクラの上に手をかざすとそのチャクラの働き具合が分かる人だった。

「傷つきたくなくて、ハートチャクラがカッチリと閉じているね。ものすごく強いエネルギーがルートチャクラにあるのにハートが閉じているから上に流れていっていないね」と言われる。

そう言われたことは自分でも腑に落ちることだった。
当時は思春期の子供達と働いていた頃で、連日日本人には想像も付かないトラウマの話を聞いていた。こちらの心が酷く痛む話ばかりだった。聞いているこちら側が2次的なトラウマを受けかねないほど衝撃的な話だった。そういうトラウマを抱えた子供の放つエネルギーもまた強烈だ。
その頃は現在のような自分の感情の対処法を身につけていなかった私。自分の受ける心的インパクトに加え、子供の放つエネルギーに影響され同じように混沌としている同僚達の繰り広げるドラマで心身疲弊することも良くあった。普段はヨガで発散していたことも怪我のためできないでいた。心身疲弊していてはプロとしての仕事に支障がでる。そして無意識に私の選んだ自己防衛法は「負のエネルギー」を受け取らない、ということ。その為にハートがカッチリと閉じ、悪いものも受けないが良いものも受けなくなっていたんだろうね。

でも、ハートが閉じていては人生を心からエンジョイすることはありえない。そう言われて、こりゃ何とかしましょう、とハートを開くために色々な試みをしてみた。

f0085875_13332859.jpg


その一つがヘミシンクから出ている”Opening the Heart" (日本語バージョンも入手できます)。






購入してから1枚目(4枚組みのセット)を2,3回聞いただけで、そのあとずーっと放ったらかしにしていた。
これはかなり良いな、と思ったにも拘らず。
なんといっても「用意周到」とか「継続」って言うことは苦手な私。

肝心のハートチャクラはその半年後くらいに起きたあることを境に本人がびっくりするような勢いで動きだすようになったんだけれど。ホッカイロを胸に入れているのかと思うくらい熱くなるまでチャクラが動く。その後はとても涼しくなるような経験もしたけれど。

最近あちらこちらのブログでヘミシンクが取り上げられていて私もまた始めてみようかなと思い立つ。この前の日曜日からこのCDをまた聞き始めている。今度は4枚ちゃんと聞いてみようと思うし、しばらく続けてみようと思う。何が起きることだろうか。楽しみだ。

つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-02-26 23:57 | ヘミシンク