マスタークレンズ考察

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。

先日、マスタークレンズについてmoiさんから質問を頂いた。マスタークレンズ(以下MC)って実際どんなことをするのか?ということ。私はMCの生みの親Stanley Burroughsが生まれたNYに住み、また健康オタクの多いこの街でヨガをやっているせいか、周囲にはMCを経験済みの人がわんさかいて、あえて詳しい説明はしなくて良いかな、と思っていた。これは私の悪い癖。自分の知っていることはみんなもとうに知っているだろう、とつい思ってしまい、説明不足になることが多い。

さて、大まかにMCを説明すると固形の食物は一切摂らず、カイアンペッパー入りのレモネードを10日間飲み続けるというもの。朝は塩水を1リットル飲んで、腸内洗浄をする。就寝前にはセンナ茶を飲む、とあるが私はこれでは強烈過ぎるので初日だけにしておいた。あとペパーミントティーを私は結構最中に飲んでいた。一応規定のレモネードのレシピがあるのだが、甘み付けのメイプルシロップを痩せたい人は少なめ、痩せたくない人は大目にと多少分量を変えても良いらしい。私は規定の倍近く使っていた。通常10パウンド(約4.5キロ)くらい痩せるこのMCで私は5パウンドに抑えた。詳しい内容はこちらのサイトをご参照ください。

さて、私の個人的な経験をここでおさらいしてみたいと思う。
今回MCをした一番の目的は精神的なガラクタをなくすこと、第二に栄養分をちゃんと吸収できる健康的な身体を手に入れること。

MCの最中と終了後で検討してみると・・・
身体的なこと:最初の3日くらいは眠気、頭痛、だるさなど好転反応が出るが日常生活を送れないほどではなかった。その後は日に日に身体で感じるエネルギーが増幅していき、本人もびっくりするほど。MC明けにはかつて感じたことがないほど活力に満ちていた。肌のきめも細かくなったようだし、全身がしっとりとする。MC終了直前になって額の生え際にぷつぷつと湿疹のようなものができた。普段吹き出物などはほとんどない私だが、これも解毒の一つかな?生え際は大腸と密接に繋がっているそうなので納得の行くものだ。MCの終了後はManic(躁)が入り、身体が動くことに調子に乗りすぎ、体力を消耗しすぎてしまう。で、現在は数日体力が弱っていて足元もふらふらするくらい。おとといは職場で思い切りすっころんで右の腰を思い切り打ち大きな青あざができている始末。MCをこれからされる方はご注意されたし。まあ、これはもともとの体力も関係しているんでしょうね。私は骨格も細くて、もともとが強い体質ではないけれど、気力で元気にしているタイプなので。MCの最中に空腹が辛いという思いはなかったけれど、レモンはマクロビでは極陰性でメイプルシロップも陰性の食品。これらだけを身体に入れるので身体が非常に冷えた。ヨガを始めてから冷えとは無縁の私だったが、いつもよりずっと厚着をしてMCを乗り切った。夏場にする方が良いかもね。あと、復食期にも十分注意して食事を摂らないと私のように胃腸に負担をかけてしまうことになるので、ご注意あれ。
精神的なこと:これは予想外に効果があったと思う。まず、体調と同様に最初の3日間くらいは心のうちに寝ていたような感情が浮上する。憤りとか不満とか。過去の嫌な記憶が立ち上ってきてはプンプンした気分になっていた。それも過ぎると、今度は寛大な感情が出てくる。愛情というものをもっと普遍的な目で捉えられるような気分になった。それを過ぎると今度はやる気で一杯になる。そうしてこれまで延ばし延ばしにしていたことを次々に片付けるようになる。これは本当にありがたい効果だった。MC前はいろんなことが面倒臭くて、何でも本当にギリギリまで放って置いたり、とにかく慢性的に微妙な疲れとやる気のなさで一杯だった気がする。精神的にもガラクタが排除されたらしい。
副産物:これは全く予想もしなかったけれど、食に対する関心が高まり、それが高じてお料理に俄然やる気が出てきたこと。これまでは仕事が忙しいとか理由をつけて、本当に好い加減なお料理しかしなかった。適当に健康でお腹が満足すれば良いわ、くらいなスタンスで食事の用意をしていた。でも、余りにMC後の爽快な気分・体調に感動し、ぜひこれを維持したい、と強く思うばかり、お料理に急に興味が沸く。圧力鍋料理という未知の分野にも触れ、好奇心旺盛の私は色々試してみたくなる。次は何を作ろうか、と毎日お食事の準備が楽しみになる。マクロビを真剣にやってみようと思うし、幸いなことに素晴らしいマクロビの先生、なつこさんも近くにいてくださる。

このMCをするにあたり、実は周囲はそれほど好意的でなかった。職場の同僚は左脳が発達しているタイプが多いので、たんぱく質を一切とらないでいては危険だ、とか お医者さんからのコンサルテーションは受けたのか、とかMCに対して非常に懐疑的。しかも普段は何をしてもサポートしてくれる心理学者のベスまで、止めるべきよ!とすら言いたそうな感じ。MCを実践中の友人Mさんも私の体重減少を心配されて、もっと穏やかなものにしてみたら、とか精神的なクラッター排除をするのにMCをする必要はないんじゃないの?などという声を頂く。でも、私のIntuitionはこれは絶対に必要と言っていたので、それに従うことにした。このIntuitionに従うっていうのは本当に大切ね、と改めて実感。あと、今回自分でも驚いていたのが私が非常にオープンにこのMCを実践したこと。職場の同僚は全員知っている。痩せ型の私が10日間も半断食をするというと”crazy"という人もいたけれど。以前の私ならこういうことはこっそりやる主義だった気がする。オープンでいたので、やりやすかったし毎日の変化もシェアできて楽しかった。


今後の課題は身体を消耗させないこと、身体をクリーンに保つ食事を心がけること。
MCについてご質問があるかたはいつでもどうぞ。私の個人的な経験からお答えできる範囲のことはお答えしたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-04-11 08:58 | Detox