フラッシングでの収穫 その一

f0085875_12111785.jpg
銀耳杏仁粉



f0085875_12113714.jpg

黒豆五穀滋養茶










今週の月曜日に台湾人のお友達Cちゃんとその彼のJ君とNYCはクイーンズ区にあるフラッシングに行ってきました。フラッシングは本当にここはNYなのか、と疑いたくなる程アジア系の移民が多い街です。南米系の移民も多いけど、やっぱり中国系が一番多い街です。第二のチャイナタウンという感じかな。携帯電話を新調するのが目的でその街に行ったんです(携帯の話はまた後日)。お夕飯を彼らお勧めの中華料理店で食べているときのこと。私は彼らにあるデザートの名前を聞きました。以前に職場の精神科医T先生(中国人と日本人のハーフ)のだんな様(こちらはアイルランド系の内科医)が開業された記念のパーティに招待されました。着席のそれは豪華な中華料理のパーティだったのですが、そのときにデザートとしてだされたアーモンドの重湯のような甘い液体がそれはそれは美味しかったのです。T先生はそのデザートは高級で栄養価たっぷりと教えてくれたのですが、名前を聞くのを忘れてしまった私。また食べてみたい、と思っていた私はCちゃんににそのデザートの特徴を説明すると、“それは杏仁茶というのよ”と教わりました。インスタントが中国系のスーパーで手に入るといいます。で、お食事のあと、早速お向かいのスーパーにより、上記のものを購入。黒豆のほうは興味ついでに買いました。杏仁茶にいたっては何種類もあり、出来るだけ甘くなさそうなものを選びました。Jelly Fungus入り。何のこっちゃ、と思って調べると白きくらげのことだそうです。お味の方は杏仁豆腐を飲み物にした感じ。T先生のパーティで頂いたものとは別のものでした。でも結構美味しいです。胡桃やらロイヤルゼリーやら入っていてきっと美容に良いのでは?と思っています。
そうして黒豆の方も大好きなゴマの香りがして美味しいです。これは色んな雑穀の質感がまだ残っていて朝ごはん代わりに頂くのに手軽で丁度良いかな、という感じです。
NYの面白いところは色んな食文化のスーパーが存在し本場に負けない品揃えで、異国情緒をにわかに感じられるのがいいなあと思います。
[PR]

by sakurasikibu | 2006-03-09 22:38