強い心を持ち続けましょう。

今日もブログにお越しくださって本当にありがとうございます。

昨日、ご案内したチベットの僧侶率いる祈りの集いに参加してきました。
予想外に会場には日本人よりも圧倒的にチベット人の方が多く集まっていました。幾らかのアメリカ人も参加していました。
とても多くのチベットの方たちが真摯に日本の為に祈りを捧げてくださっていることに大変感動して、涙があふれてきました。

お祈りそのものはチベット語で行われたので、私には良く分かりませんでした。しかし、みなさんが懸命に祈ってくださっている間、私も自分なりにずっとお祈りを捧げていました。
すると、とても美しいイメージが心に湧いてきました。初めは癒しの美しい緑色の光が被災地に向けられて天から注がれました。そのあと、黄金色の美しい光がエネルギーを与えるかのように注がれ、そのあとは日本国全土が美しい白い光に包まれたのです。そのイメージは本当に素晴らしいもので、それを受け取ったあとは日本には更なる大きなダメージは起きないと思えたのです。
私はこの集会に参加するまで原発のことが案じられて、とても不安な気持ちでいました。でもお祈りのあとは、その不安な気持ちも消えていました。
これから毎日このイメージを持って、お祈り、瞑想を続けて行きます。

そして気付きました。次から次へと流れる情報に自分もまた流されていたことに。起きている事実を把握することは大切だけれど、その惨事に心砕かれ、日本の近い将来に大きな不安を抱いていたことに。悲嘆していても事態は何も変わらない。それならば、気持ちを明るく強く持って、やれることを淡々とやっていこう、と。ここでも引き寄せの法則が成り立つと思うのです。皆で強い心を保てば、必ずそれが実現すると。
とりあえず、私は職場で日本の被災者向けの募金が可能か、総務に掛け合ってみようと思っています。同僚たちは皆、日本の皆さんの心痛を思い計らい、彼らもまた心を痛めていて何かをしたいと思っているので。小さな自分でも必ず何か出来ることがあるはずですから。

日本は世界最大級の大惨事に見舞われましたが、だからこそ、皆で心を一つにして強い心で頑張り抜きましょう!



ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2011-03-16 01:35 | いま、気になること