カテゴリ:マクロビオティック( 17 )

久々の清美さんのクラス。

今日もブログにお越しくださって本当にありがとうございます。

本日2回目の投稿です。

昨日、仕事が終わってから、清美さんのところでマクロビ風メキシコ料理を習ってきました。お教室に向かう直前に職場で、鍵の紛失事件が起きて、病院内の警察から警官3名が病棟にやって来て、取調べが始まり大騒ぎ。なんたって閉鎖病棟なので、患者さんの手に病棟の鍵が渡ると大変なことになるからです。まあ、すったもんだの挙句、結局鍵は無事に見つかったのですけれどね。そんなこんなで少し遅れて、私はお教室に辿り着きました。

参加されているみなさんの穏やかな雰囲気に先ほどまでのカオスの現場から連れてきたざわざわしたものがスーッと取れたように感じました。先生の清美さんも参加されているみなさんもとても手際が良くて、サクサクと次々にお料理が出来ていきます。作ったものは、手作りトルティーヤ、沢庵入りのサルサ、ワカモレ、チリカンビーン、長粒米のミックスご飯、豆腐クリーム、野菜の葛いため、スープと盛り沢山。こんなに沢山の種類のお料理があっという間に出来ていくのですよ、すごい手際の良さ!ほぼ初対面同士の参加者もすっと和んで共同作業もはかどります。

試食の時間も美味しくて、楽しかったんですよ。清美さんからはメキシコ料理の他にも、春のデットクスに丁度良いマクロビのお手当てを教えていただいたり、陰陽のバランスやミネラル、炭水化物、たんぱく質など、栄養分ごとの食べ合わせなどについても教わりました。
私は普段、日本人の女性が集まるところに参加することはこうしたお教室以外ではあまり機会がないんですが、毎回驚くのが日本女性の健康に対する意識の高さ。まあ、そういうことに関心があるから、マクロビのクラスを取っていらっしゃるんでしょうけどね、勉強になります。

清美さん作のデザートをいただきながら、話題になったのは布ナプキンのこと。丁度このクラスの前日に友人にそのことに関して質問をしていたところだったのですが、タイムリーな話題になりました。この場にいた女性が私を含め全員で6名。このうち布ナプキンの使用者は妊婦さんの参加者と私以外の全員でした。みなさん、とってもポジティブな経験をお持ちで私の色いろな質問に答えてくださいました。以前から興味は持っていたものの、周囲に聞く人もいなく、そのままにしていたのです。私はまるで小学生のときに始めて男女を分けて保健の授業を受けたときのような気分で細かな質問をしていました。みなさん、とっても丁寧に教えてくださり、布ナプキンに対する疑問、不安が消えました。

早速、こちらのサイトで幾つか購入してみました。布ナプキンに変えると、生理がものすごく楽になると皆さんの弁です。これは前日に相談した友人もそう言っていました。環境にもずっと優しいですからね。個人単位では小さなことですが、世の中の女性の多くが布に変えたら、大変な紙の節約、ごみの減少に役立ちます。そして、使用している女性の身体に優しいなら何より良いですよね。

お料理教室に通う醍醐味はこのライブで起きる、学びです。また一つ賢くなれました。清美さん、生徒の皆さまありがとうございます。




ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2010-03-31 22:11 | マクロビオティック

マクロビで韓国料理

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。

先週の日曜日に奈津子さんのところで韓国風のマクロビを習ってきました。

f0085875_115107.jpgしらたきのような韓国料理で使われる海草を使ったサラダ。さっぱりしていて沢山いただけます。この海草のしゃきしゃきとした食感は面白い!


f0085875_11523887.jpgチャプチェ。私、チャプチェ好きなんですが、これ、とっても美味しかったです。お肉が入っていなくても干ししいたけとごぼうが入っているのでコクがあって食べ応えがあります。


f0085875_1271721.jpg2種類の韓国風お好み焼き。卵を使わない代わりにレンコンのおろしたものを使っています。ふわふわしていて、とっても美味しかった!これは簡単に出来るし、野菜も沢山取れるので、翌日自分でも早速作ってみました!中身はなにを入れても良いですね。レンコンの代わりに長いもを使ってみましたがそれも美味しかったです。



f0085875_1295331.jpgルクルーゼのお鍋を熱々に熱して石焼風ビビンバを作りました。これもとっても味が良くて、私はコロンクレンズ後の復食中で小食にしておくべきでしたが、お替りを頂いたほど。これにもお肉は入っていませんが、グルテンミートを代用してなんの不足もありません。人参の葉っぱも入っています。これが美味しかった。奈津子さんは味付けが本当に上手。パチパチ。



f0085875_12145530.jpgf0085875_12154575.jpg


手づくりのコチュジャン2種とねぎ味噌。ねぎ味噌は意外と簡単に作れることを知りました。美味しいので常備しておけると良いな、と思います。

食べることに夢中でこのほかにもテンジャンチゲと手づくりの餅菓子がありましたが、写真を撮るのを忘れていました。
チゲには手づくり豆腐が入っていて、すっごく美味しかったんです。手づくり豆腐の簡単な作り方も教わって大満足!!! 御餅大好きな私には、デーツ入りと天津甘栗餡の入った2種の餅菓子は最高でした!
いやあ、今回も大満足。そして期待していたより、全てがずっと美味しかったんですねえ。奈津子さんのお料理はホント美味しいです。沢山食べても胃がもたれることもないし。

マクロビに興味のない方でも一度クラスを取ってみられては?奈津子さんのお人柄とお料理に幸せ気分一杯になりますよ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-09-27 22:47 | マクロビオティック

Bake Saleの準備

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。

明日、我が病棟の有志を募って乳がん治療専門機関の為に資金集めをします。アメリカでは良くBake Saleと言って、ケーキやクッキーなど(主に)手づくりものを持ち寄って、日本で言うところのバザーのようなことをします。このBake Saleというのは受けが良く、資金集めに間違いはないので良く行われます。普段は8時前に家を出るのですが、明日は朝の会議の前から売り出しをするので、それに間に合うよう6時半に家を出るんですが、これはちょっときついですねえ。

さて、私は常々アメリカ人にもマクロビのお菓子を楽しんでもらえる機会を作れると良いなあ、と思っていました。白砂糖タップリ、腸を埋まらせやすい乳製品タップリのお菓子よりずっと健康的ですからね。

そこで、先月奈津子さんに教わってきたブルーベリーとアーモンドのマフィンを焼いてみました!ベリー好きの私はついついベリーを入れすぎてしまって、キチンと膨らむか心配しながら、焼き上がりを待つこと約20分。




f0085875_10433668.jpg


ちゃんと焼けました!ホッ。
これを作ったのは今回が初めてでしたが、先生が良いのとお教室で自分の目でしっかり作る工程を見ていると間違いが少なくて良いですね。

奈津子さんの作るお菓子は細かく何グラム、とかいう単位ではなく、使う粉も一カップという感じで重さを量ることなく、全て計量カップと計量スプーンで間に合ってしまうので、とても作りやすいです。特に私のような大雑把な人間にはとてもありがたいです。そして、このマフィンは市販のマフィンよりずっとしっとりしていて美味しいんです。材料さえあれば、あっという間に出来てしまうのも魅力。30分あれば出来ますよ!素敵なレシピです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-09-17 21:29 | マクロビオティック

マクロビでタイ料理

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。

タイ料理は一年を通して好きだけれど、暑い夏はことにそのパクチーの香りに魅せられる。
f0085875_11283741.jpg

いつだったかのお料理教室で奈津子さんに「是非マクロビでタイを教えてください」とお願いしたことがあった。その場に居合わせた生徒さんたちもそのリクエストに賛同されていた。

その念願が叶いまして、この前の日曜日にタイ料理のクラスを取ってきました!
毎度のことながら、奈津子さんの優しくて温かくてちょっと天然が入っているクラスは参加しているだけで本当に和みます。

今回も色々と教わってきましたが、まずはパクチーの効能について。
アメリカではシラントロ(元はスペイン語ね)と言う呼び名が一般的かな。パクチーといってもまず通じません。あとはチャイニーズパセリといったところ(日本語だとコリアンダーが一般的かしらね)。私はこの独特の香りが大好きなんですけれども、この香のお陰でパクチーには虫がまずつかないそうです。なので、オーガニックのものを用意しなくても農薬のことは余り心配しなくても良いそうです。そうそう、効能ですよね。それは以下の通り。
健胃作用、食欲増進、整腸作用などの消化器系に効果があります。また、二日酔い、防腐効果、偏頭痛の緩和、細胞の活性化などの効能もあります。またその香りには消臭効果やリラックス効果があります。

さすがハーブの力はすごいですね。好きなものにこんなにも効能があるのかと思うと嬉しいというか、積極的に取っていこう、という気がしますね。

それでは教室で教えていただいたものを奈津子さん撮影のお料理の写真を使ってご案内。

f0085875_10134382.jpg まずはタイ風サラダ。タイ料理に欠かせないナンプラー(フィッシュソース)には実は結構お砂糖が入っているんだそうです。知りませんでした、わたくし。そこで、白砂糖を使わない奈津子風マクロビではその代わりにお醤油、メープルシロップ、隠し味には切り干し大根の搾り汁、そして海草(ダルス)も使ってドレッシングを作りました。他にも色々入ってますけどね。今まで食べたタイ風サラダの中で一番!


f0085875_10142790.jpgf0085875_10151015.jpg








タイといえば生春巻きですよね。英語ではSummer Rollと言います。えびの入ったタイ料理そのままのものと、ベジタブルだけのものの2種に特製チリソースをつけて。このソースにもお砂糖は入っていませんが、タイのあの甘酸っぱさはちゃんと出ています。写真にはありませんがピーナッツソースもすっごく美味しかったです。

f0085875_10352917.jpg
トムヤム味噌スープ。えびの出しがタップリ効いて、隠し味の白味噌が更なるうまみを醸しています。


f0085875_10154823.jpg
ココナッツ・グリーンカレー。緑色のお野菜タップリ。市販のカレーペーストは使わずに、全てスクラッチから作ったカレー。新鮮な野菜を使って作ったカレーペーストは市販のものよりずっと色が鮮やか。綺麗な緑色でした。そのペーストをもとに沢山のお野菜を入れてココナッツミルクもタップリで、絶品!このジャスミンライスもただのライスではありません。パクチーを入れてまず炒めてから炊いたもの。ココナッツオイルが入っているのでコクがあってライスだけでも本当に美味しいです。パクチーを入れて炊くというのは初めて。香りが本当に良いので、食欲をそそります。


f0085875_10162048.jpg
これまた美味しくてびっくりのデザート。レンズ豆のクリームあんみつ。レンズ豆で作ったアイスクリームはとってもヘルシーなのに濃厚なお味で大満足。番茶で作った寒天もさっぱりしていて美味。






いやあ、美味しいもの沢山食べて幸せな一日でありました。奈津子さんの作るご飯はお腹一杯食べてもお腹がもたれないんだよね。身体が喜んでいるのが分かります。奈津子さんのだんなさまは本当に幸せ者だよね、いつもこんな美味しいもの食べられるんですからね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-08-12 20:38 | マクロビオティック

ちょっと上級者向け?!

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。

f0085875_100590.jpgずっと気になっていたヴィーガン・マクロビスィーツの本

"love, eric"















この本は実は絶版になっている (日本語版は現在も出版されています。アメリカと日本では計量のサイズが違うのでアメリカ版の方が私には作りやすい)。ずっと気にはなっていたものの、中古を探すのがなんだか面倒で、買わないままだったけれど、思い立って先週末にアマゾンで購入。昨日、アパートに届きました。改めて見ると、写真はどれも美しくて、ケーキはもちろんとても美味しそうなものばかり。いままで作ってきたマクロビスィーツよりちょっと手が込んでいるけど、とっても美味しそうだから、頑張って作ってみようかな、と。著者のエリックさんはロスにある有名なM Cafeのパティシエだそうだけど、ロスまで行かなくても彼のお菓子を楽しめそうだ。NYにもM Cafeのようなところが出来ると良いのに。通ってばかりいそうだけどね。

―追記―
今、エリックさんが書かれた巻頭の手記を読ませてもらったら、かなり感動。癌を患っている奥様が治療の一環としてマクロビを始められたそうだ。もともと甘いものが好きな奥様はマクロビを食べていても通常のお菓子を止めることがなかなかできない。でも病状は一向に良くならないので、一切の甘いものを禁止されてしまう。そんな中、りんごに一つまみのお塩を入れて似てあげたものを奥様に出すと飛び切りの笑顔で喜ばれたそう。それがきっかけでもともとはフレンチシェフだったエリックさんはマクロビのお菓子を作ることに興味を持ち始められたそう。またご自身も長年の皮膚のトラブルをマクロビを始めることわずか3ヶ月で克服なさったそう。奥様の癌も癒え、いまではマクロビのカウンセラーとしてご活躍されているそう。私も奥様のさなえさんのような笑顔をお料理上手の人に向けたら、美味しいおやつ作ってもらえるかなあ、ってそういうことが言いたいわけではないのですが。マクロビで夫婦の絆を深めたお二人の話、ちょっと良いなあと。"love, eric"というタイトルがついてる理由はここにあるんだろうなあ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-06-28 20:58 | マクロビオティック

万能選手の梅醤番茶

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。
f0085875_9274662.jpg

NYは6月に入ってからず~っと雨続きで降らなかった日はおそらく2,3日だけ。
まるで日本の梅雨みたいな気候。ちょっと肌寒い日が続いて、私の周囲でも風邪引きさんがちらほらと。
かくいう私も昨日の晩、窓を開けたままソファで3時間くらい転寝してしまったらちょっと調子が変。ソファでごろりとするときは大抵スローを掛けるのだけど、昨日はタンタンがその上で寝ていたのでそのままにしておいた。ちょっと寒いなと思いながらつい寝ちゃったら、のどが痛くなってしまった。ここ2年近く風邪らしい風邪も引いていなかったので、私には珍しいことだ。

マクロビの先生の清美さんが確か新型インフルエンザが流行りだしたとき、「陽性のものを頂いて身体を締めておけば大丈夫」と言われていたよな、と思い出す。身体も温めた方がいいなと思って取り敢えず梅醤番茶を頂く。

(ここで紹介したレシピページでは生姜を入れていますが入れていないものが基本のようです。お好みで葛を入れても良いです。葛が入るとさらに温まるし、胃腸の働きも助けてくれます)

今日は奈津子さんのマクロビ教室の日だったので、美味しいものを頂けば元気も出るかな、と思って出かける。クラスの始まる前に奈津子さんに風邪に良く効くマクロビのものは何?と質問するとやはり梅醤番茶が良いと。そして早速mitoku社製の梅醤で梅醤番茶を作ってくださった優しい奈津子さん。身体も温まって良い感じ。

今日のお教室には直球勝負のJさんも参加されていた。彼女も風邪引きさんだそうだが、いつもと変わらず面白おかしくてみんなを大笑いさせてくれた。美味しいものと笑いがあれば、引きかけの風邪なんて簡単に吹っ飛びそうだ。

今回のメニューの3種のバーガーはどれも本当に美味しくて自分でも是非挑戦しようと思った。デザートに頂いたブラックアウトチョコケーキは感嘆符が!!!!!これくらい付くくらい美味しかった。今度は是非このケーキの作り方を教わろうと思った。抜け作の私はまたカメラを忘れて写真がないけれど、今度教わったときには是非写真付きでご紹介したいな、と。

この梅醤番茶、私は良く飲みます。甘いものを食べ過ぎてだるいな、と思ったときや、朝目覚めて、まだ疲れがちょっと残っているな、っていうときに良く飲みます。飲むとね、違いが分かります。万能選手のこの梅醤番茶、飲みなれるととっても美味しい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-06-20 20:24 | マクロビオティック

五月のマクロビお料理教室

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。

(さっき思い立って、なんだかもう夏気分だなあ、と思ってスキンを変えてみました)

先週の木曜日、毎月恒例の奈津子さんのお料理教室に参加して来ました。
今回のメニューはグリーンスプリットピースープ、白身魚のロール、海と山のパエリア、ストロベリーショートケーキ。いつものように今回もどれも大変美味しくてにんまりしていた私。ボリュームもタップリで奈津子さん出血大サービスで、こんなにしてくれちゃって大丈夫?って心配したくなるくらいでした。

そんな楽しいお教室の風景も生憎デジカメを忘れ、携帯カメラで写真は撮ったものの、一度Verizonのオンラインフォトアルバムを経由しないとコンピューターに画像を取り込めなくてサイズが余りに小さく、サイズをあげると画像がとんでもなくみすぼらしくなり、これじゃ載せても美味しそうには見えない。残念ながら今回は写真採用あきらめ。写真がないと間抜けなお料理教室レポートですね。きっとrararaちゃんがそのうちスンバらしい写真と共にレポートをしてくれるだろうから、奈津子さんファンの方はそちらをチェックしてくださいね。

お料理が楽しくなってから奈津子さんから頂いたレシピが大活躍。彼女のレシピの素晴らしいことは手間はそんなにかけていないのに、とっても美味しくできること。そして意外な組み合わせでサプライズさせてくれるお料理を紹介してくださる。今回も「海と山のパエリア」は魚介は入っていないのに、ひじきを油で炒めたあとにバルサミコ酢を入れて味付けしたものを混ぜ合わせると本当に磯の香りがタップリで沢山魚介が入っているような深い味わいでうまびっくり。

マクロビのお食事に興味はあるけれど、「ご馳走にはならないだろう」、とか「自分で作るのは面倒くさい」、って思われている方、ぜひ奈津子さんのお教室に参加してみると開眼すること間違いなし。そして奈津子さんの優しくて誰をもふんわり包み込んでくれるお人柄に触れるとお腹のみならずココロも満腹になること請け合いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-05-26 23:01 | マクロビオティック

どんな油が良いの?

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。

今日はこのブログに来てくださっている皆さんへの問いかけです。

食用油についての質問。

私がまだ日本にいた頃にオリーブオイルは熱に非常に弱く、火を通すと激しい劣化を起こすと学んで以来、炒め物には使わず、サラダのドレッシングやイタリア料理の最後の仕上げの香り付け程度に使ってきた。炒め物には熱に比較的強いと言われていた紅花油やごま油を使っていた。そののち賀来千賀子がお嫁さん役の確か日清のCMでキャノーラオイルを使うと揚げ物がカラッと出来ます、と宣伝していたのに影響されて、キャノーラを使うようになった。

3年前にジョナサンのもとでヨガのティーチャートレーニングを受けていたとき、彼から「キャノーラオイルは身体に良くないんだ」と聞かされショックを受ける。
その後、どんな食用油も熱に弱く、熱をかけると劣化するが、そのなかでもココナッツオイルはまだ大丈夫、と学び、それ以来炒め物など火を使うときはずっとココナッツオイルを使ってきた。

ところがマクロビを真面目に実践するようになって油のことがどうにも気になってきた。マクロビのレシピ本で使われている油は大方このキャノーラオイルなのである。お菓子作りではバターの代用品として結構な量を使う。最初は「まあ、いっかあ」と思っていたけれど、ここに来て目をつぶっていられなくなってちょっと調べてみた。

面白いことに英語でキャノーラオイルのことをググッてみると山のようにマイナス面が出てくるのに、日本語ではさっぱり。日本では余り知られていないのだろうか。

とりあえず英語のサイトを一つご紹介。
The Dangers of Canola Oil

簡単に要約すると以下のようなことになる。
ココナッツオイルはココナッツから、オリーブ油はオリーブの実から、ピーナッツオイルはピーナッツから、そしてヒマワリ油はヒマワリから。じゃあ、キャノーラって何?キャノーラという植物は存在せず、キャノーラとは、カナダ産のカナダ(Canada)と油(Oil)をもじって作られた言葉。キャノーラは遺伝子組み換え食品(GMO)なんだと。原材料は、RAPE SEEDと いうマスタード科に属するアブラナのような植物で、潤滑油や合成ゴムの材料、石鹸の原料、写真の光沢を出すための液など、昔から工業用油として使われてい たものを、遺伝子組換えによって食用化した油だそうだ。人間や動物にとって毒であると。害虫の殺虫剤としても使用されている。菜種油は肺気腫、呼吸困難、貧血、便秘、イライラ、失明などを引き起こすように見受けられる。 かつてイギリスやヨーロッパ各地に輸出され、家畜の飼料に混ぜて使用されており、まず羊たちが口蹄病という病気にかかり、さらに、それが牛に感染し、狂牛病となってヨーロッパ全土に広まった。第一次世界大戦、湾岸戦争の時には毒ガス(マスタードガス)の原料として利用されたとも書いてある。また、この記事を書いている著者のコレステロール値はキャノーラオイルを数年使用したあと、150から260に増えている。このキャノーラオイルは色んな加工食品に含まれているので使用原材料のラベルを見て食品を購入した方がいいというアドバイスと共に、調理油にはココナッツオイルを使うといいともアドバイスしている。

・・・怖いですねえ、この油。

また別の情報ではカナダ政府がアメリカの FDA(Food & Drug Administration;食品と製薬の認可機関)に5000万ドルを支払って、GRAS(Generally Recognized As Safe)のリストに載せてもらったと。

ただ疑問に思うのは, 代替医療の第一人者とも言えるかのアンドリューワイル博士はこのキャノーラオイルを推薦しているし、このオイルを使うマクロビオティックの食事療法はアメリカで権威の高いスミソニアン博物館で常設としてその功績が展示されている。

本当に身体に悪いのか?

私の素朴な疑問はココナッツオイルをキャノーラオイルの代用としてマクロビスィーツを作って美味しく出来るのか、ってことなんだなあ。試しにやってみるしかないけれど。

どなたかこの油の疑問について詳しくご存知の方がいらしたら是非教えてくださいませ。

-追記-
現在、油について更なる情報を入手中です。
ホリスティックヘルスカウンセラーの方やマクロビの先生にも質問中です。詳しい情報が手に入りましたら、またブログ上でご紹介させていただきますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-05-20 23:16 | マクロビオティック

ひと月経って・・・

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。

MCが終わって、マクロビを真面目にし始めてから約ひと月くらい経ちました。
身体的な変化と言えば、あの慢性的な眠い病から開放されました。現在も睡眠時間はやっぱりちゃんと確保できなくて連日4時間とかで出勤していることもしばしばですが、日中睡魔に襲われません。脳の回転も特に遅い感じもしません。そうそう英語のジョークを前より飛ばすようになったかも。これは回転が良くなったということかなもしれませんね。コーヒーを飲まなくても全然平気。でも夜は強烈な睡魔に襲われたりもします。睡眠時間が少なくても朝の目覚めは良いですね。時間が許すときも7時間も眠ると十分で自然と目が覚めます。それ以外は特にまだ変化は感じません。MC直後の活躍振りが身体を弱らせ、その後も無茶な復食で内臓を弱らせたのでその回復をゆっくりとしている感じです。どうも腹八分目というのが私には難しくて、ついお腹一杯食べてしまうと、その消化で体力を消耗しているのを実感するようになりました。良く噛んで腹八分目が今後の目標です。

心理的にはまだデトックスが続いているのか、辛抱強くないですねえ。ちょっとイライラしやすいかも。でも自分で気が付くので問題のある行動には出ていないと本人は思っています。

精神的には中庸に近づいてきたと感じます。MC前と興味が少し変わってきました。それ以前に日課にしていた精神世界ブログ巡りも今ではあまりしなくなっています。これは自分でも驚いています。以前のようにrelateしないんですねえ、正直なところ。現在、久司道夫さんの著書『マクロビオティックで幸福をつくる』を読んでいますが、それには陰陽に関する情報が満載です。仕事についての陰陽も書かれてあります。陽は肉体的、社会的なもの。陰は心理的、精神的なこと。私は自分は陰性が強いのは知っていましたが、まさにどんぴしゃでちょっと笑えました。陰性が強いと精神的なことにばかり興味が行ってしまうのでしょうね。そして中庸に近づいてきて、地に足が着いてきたんでしょうね。頭でっかちではなくて、もっと実践的なことに興味も出て、また絶えず精神世界の情報を入手していなくても落ち着いていられるようになったんでしょう。真理はいつでも一つでそれをいろんな人がいろんな形で伝えているにしか過ぎない、ってことは以前にも気付いていましたが、それを敢えて常にアップデートしていなくて平気になったようです。こんなことが起きるとは自分でも想像しなかったので、誠に面白い変化です。

過去ひと月の間、ストイックにマクロビをしていたわけでもありません。社交の場では適当にしていましたし、マクロビスウィーツは週に数回だそうですが毎日摂っていたし、ナッツ系の陰性のものも結局毎日とっていました。それでも変化があるんですねえ。益々面白いマクロビです。3ヶ月真面目に続けたらどんな変化が起きるのかちょっと楽しみでもあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-05-03 23:20 | マクロビオティック

キレイになるマクロビレシピ

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。

最近はすっかり陰陽五行の食事療法を勉強するのに夢中になっている私。以前に月のリズムでダイエットとという本ご紹介させていただいたが、今回はそれの実践版と言った感のある本をご紹介。副題にも「月のリズムに合わせた食べ方」とある。


f0085875_23330100.jpg

キレイになるマクロビレシピ











一年の四季を通して季節の陰陽があるのはもちろんのこと、ひと月(陰暦の換算法で)のうちにも陰陽がある。新月から上弦の月に向かうときは春のエネルギー、上弦の月から満月に向かうときは夏のエネルギー、満月から下弦の月に向かうときは秋のエネルギー、そして下弦の月から新月に向かうときは冬のエネルギー。この陰陽の流れを意識した食事を摂っていると体調が整い、美しくなる、というおまけも付いてくるという内容の本。食べ物や調理法の陰陽を学ぶのに丁度良い本だな、と思う。一つ一つのレシピの写真もついて親切。分量がたったの二人分というあたり(例えば、たまねぎ大さじ2とかって、はあ?ってなもんです)は私のような大雑把な者にはみみっちく感じられ、ピンとこないけれどね。お薦めです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-05-02 10:26 | マクロビオティック