エックハルト トール

以前の記事で"Intuition"の大切さを書いたが、2006年の年明け頃から私の人生は勢いをつけてそれまでとは違った方向に流れていった。いわゆる精神世界と呼ばれる分野の本をむさぼるように読み続けている。その数一体どれほどなのか数える気すらしない。そして沢山読んだ本の中で、私のベストスリーに入る著者の一人がエックハルト トール(英語読みではエックハート トーリとなるので、何だか別人を呼んでいるようで落ち着かない私)。精神世界の本は要はどれも同じ内容をいろんな形で伝えているのだけれど、このトールの本は非常に明快で理解がしやすい。

彼の本を読むきっかけになったのはアメリカの人気番組 オプラ ウィンフリーの番組で毎年一冊だけ取り扱われる推薦図書に指定された『ニューアース』だった。オプラの番組で毎週ブッククラブなるコーナーで視聴者と一緒に指定図書を読み進んでいく。私はそのプログラムには参加しなかった。本屋で山済みになっているその本を度々目にしてなぜか気になり、アマゾンで調べるととても良い評判だったので、早速購入して読む。
その頃、消化不良を起こしていたエゴという概念がこの本を読むことでスッキリと消化できた。そして読むたびに感動して本を読みながら何度も泣いた。

f0085875_13115540.jpgそのあと、『パワーオブナウ』(日本語版のタイトルは『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』)を読み、トールの大ファンとなる。どちらも英語版で読んだのだが、今回『パワーオブナウ』の実践版、『人生が楽になる超シンプルなさとり方』を日本語版で読んでみた。日本語で読んだことも手伝っているのかもしれないが前述2冊の本よりずっと読みやすい。実践版とあって具体的で分かりやすい内容だ。




トーリに限らず、大方の精神世界の本は「今、ここ」に意識を集中すること、エゴに捕らわれないようにすること、を説いている。この本のタイトルは「さとり」という言葉を使っているので、ちょっととっつきにくい感じもするが、日常の人間関係を平和で建設的、健康的に築く知恵が沢山詰まっている。お勧めの本です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by sakurasikibu | 2009-02-01 20:54 | お薦めの本