タンタンとコミュニケーション

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。

ヘミシンクの”Communicating with Animals"を使って今日はタンタンとのコミュニケーションを図ってみる。しばらく前にも挑戦したのだけれど、脇でジンジャーがずーっと「あおんあおん」と大声で鳴いていて全く集中できなくて途中で断念。やきもち焼きのジンジャーは何かを感じて邪魔していたのかも。

今回はそんなこともなく、静かにヘミシンクに集中できた。その最中タンタンが私の脇にぴたっと丸まっていたのでずっとタンタンと手を握りながらのこのヘミシンク。
タンタンからどんなエネルギーを感じるかというCDからの問いかけには、澄んだ清流が心地よく流れてくる感覚を受けた。きれいな泉の中でいらないものを流してもらい清めてもらっているような感じ。きっとマスタークレンズ中だからこんなイメージが沸いたのかも。そうして私はそれに感謝の気持ちを送っていた。タンタンは私のイメージの中で天使のような羽をつけていて、この猫の姿は仮なんだよ、みたいなメッセージも伝わってくる。CDのガイドでタンタンが送ってきているメッセージはと問われると「ママ、大好きだよ」と何度も伝わってくる。

このヘミシンクを始めたときアパートの暖房が弱くてちょっと寒いと思っていたのに(セントラルヒーティングで自分で調節できない)、終わるころには心身共にホカホカになっていた。タンタンは癒しの天使なんだよなあ、と改めて思うのだった。

ヘミシンクが終わってみるとタンタンは横で丸くなったまま、ジンジャーはちょっと離れたところから私をジーっと見ていてなんか文句がありそうな顔をしていたように見えたのは私の気のせいか。

このヘミシンクはもっと回を重ねてみるともっと面白いことがおきそうだ。

―余談―
もうじきMC4日目が終了する。相変わらず空腹感なしで、レモネードももうしょっちゅう飲んでいなくても平気になった。そして昨日までのちょっとだるい感覚がなくなった。体調が良くなっていると実感。んーっ、面白い体験!と思うのと同時に食物を噛まないというのはなんとも落ち着かない。私はMC後に何をお料理しようかとお料理の本も何冊も眺めている始末。
そういえばMC初日の晩の夢も食べ物に関係していた。夢の中で日本に一時帰国をしていたのだが、友人にあってもMC中の為、思うように会食もできず心から友人たちとの交流を楽しめていなくてしょんぼりしていた。
MCの大きなネックはこの社交が思うように出来ない、ということ。ま、一生続くわけでもない、と割り切ることにしている私。




ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-03-29 22:34 | ヘミシンク