タンタン、再び入院す

今日もブログにお越しくださってありがとうございます。

水曜日にタンタンを定期健診に連れて行き、血液検査を受ける。翌日に受け取った結果は前回よりかなり悪化していて、即入院ということになる。検査を受けた病院でも入院できたのだが、手術でお世話になったAMC(Animal Medical Center)にお世話になることにした。ここは腎臓の専門医のいる病院で、前回タンタンをまるで自分達の本当のペットのように大切に面倒を見てくださったし、こちらの質問やメールにもすぐに答えてくださる。他の病院と比較すると治療費はベラボーに高いのだけれど、これまで行ったあと2件の病院と比べるとタンタンも私もずっとリラックスしていられるし、心から信頼してお願いができるので、治療費の差は安心料だと思うことにしている。

タンタンは右の腎臓に炎症を起こしていて、それで血液検査の結果が悪かったのだが、現在抗生物質で治療中。これで改善が見られると早めに退院できるのだが、そうでないとまた大掛かりな治療になる。

去年の9月に入院したとき、タンタンの病状はほぼ絶望的だったのだけれど、地元の獣医さんに”He is an amazing cat! (すごい猫だよ!)"と何度も言われたほどの回復を見せた。入院中の治療は困難を極めたし、手術も一か八かの賭けだった。その間、私は人生でそれまで経験がしたことがないような恐怖におののいていた。タンタンの命を失う恐れと飼い主としての自責の念に駆られることが多かった。でも、それをいつしか乗り越え、タンタンの生命の強さを信じられるようになっていった。

そして今回ももちろんタンタンを大切に思う気持ちには何の変わりもないし、少しでも楽な状態になってくれると良いな、と心から願っている。でも、不安とか恐怖とか何も感じない。目の前の現実を淡々と受け止めている。心配しても意味がないと心底理解できているんだろうね。検査の結果が出てから、対処を考えれば良いな、と。今私にできることはお見舞いに行って愛情を表現して、あとは心得のあるリコネクティブヒーリングをしてあげるだけ。大丈夫だろう、ってそういう気がしている。幾つになっても人間って成長できるものなんだね、とも思う。いつも強い愛情を示してくれるタンタンに恩返しをしたい、という気持ちでいる。そして暴れん坊将軍のジンジャーも、遊び相手がいないと落ち着かないようでやたらと鳴くし、様子が変。早くタンタンが元気になって帰ってきてくれると良いね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2009-04-11 22:50 |