調和すること

今日もブログにお越しくださって本当にありがとうございます。

こんばんわ。

今日のNYは快晴で、まるで真夏のような陽気でした。しばらく寒い日が続いていたので、気分爽快な一日でした。

あゆみちゃんに髪を切ってもらい、ご機嫌になった私は仲間内で勝手に『魔女の石屋』と呼んでいる、グリニッチビレッジにある石屋に行き、グリーントルマリンの原石をペンダントヘッドにしたものを見つけ、即、購入。石に散財する人生はまだまだ続きそうです・・・。

そのあとは半年振りくらいのOmarのヒーリングを受けました。
このおじさん(おじいさん)のヒーリングを受けるようになって、もう2年以上経ちます。NYに年に2,3回やってくるので、その度にお世話になっています。ヒーリングはそのときの私の状態によって色いろ変化します。かつては両手両足にジェット気流が流れているような強い感覚を覚えたこともありましたし、ヒーリングを受けた晩に不思議な夢を見て、自分のそのときの状況の深い洞察を得たこともありました。
今回はかなり軽めのジェット気流を感じ、必要な箇所に大変温かい感じを受けました。そしてOmarは"A Course in Miracles"をきちんと理解している人で、いろんなスピリチュアルな教えもヒーリングの最中に与えてくれます。

今回は私が自分がもっと"intuitive(直感的)"になることを恐れている、とヒーリングの事前に話すと、ヒーリングの最中に"intuitiveになることは自分のソウルともっと良いハーモニーを作り出すことだよ”と言ってくれました。これは今の私にはとてもありがたい教えでした。自分の魂と調和することは幸せ以外の何ものでもないな、とそれを聞いて思いました。恐れることなど何も無いはず。他にもいろいろ言ってくれましたが、言葉に換言できることは今はこれくらいしか覚えていないかな。自由であること、Knowing、視野の転換、とかそんなことを教わったんですけどね。なんたって、ヒーリング中で半分意識が寝ているようなリラックスしている状態で言われたことを逐一覚えていられないのですよ。終わった後に速攻でメモを取るとかしないと駄目ですね。また寝てみると頭の中が整理できるように思います。

私の中の恐れがこれで大部減ったような気がします。適切な師は自分が必要なときに必ず現れる、ということを実感しもしました。

Omarは5月4日の火曜日までNYに居ます。ご興味のあるかたは彼のサイトに行くと、携帯の番号が出ていますので、連絡を取って見てください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加しています。ポチッとよろしく。
[PR]

by sakurasikibu | 2010-05-01 22:31 | ヒーリング