<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

怪我の功名 ①

昨年9月に右股関節に腱鞘炎を患い、その後8ヶ月ヨガの練習ができなかった。怪我をする以前はヨガには週に3-5回通い、もし事情が許すなら(つまりは仕事をしなくても良いなら)、一日2回くらいしていたいと思うくらいヨガに夢中だった。
その頃は運動量の多いアシュタンガやヴィンヤサでもアドバンスのクラスを好んで取っていた。汗をぐっしょり掻く系のきついヨガクラスの後の爽快感がたまらなく好きだった。そして、難易度の高いポーズを次々に覚えていくのも面白くて仕方がなかった。筋力を要するポーズが出来るようになると、自分の精神までが強くなったような気がして嬉しかった。
f0085875_10584954.jpg 

こんなポーズが出来た日は本当に幸せな気分だった。






怪我の回復期からまたヨガを始る。例のジョナサンの指導のもとおっかなびっくりと。また怪我をするのはまっぴら御免という気持ちが強いからだと思うが、初心者向けのクラスを取ることがほとんど。でも、以前には感じられなかった喜びを覚えている。まず、またヨガが出来るようになって、それが本当に心から嬉しい。ヨガの出来ることへの感謝の気持ちというのだろうか、マットの上に上がれることが何より嬉しい。そして今まで特別に注意も払わなかった基本のポーズの真髄をようやく学び始めた。
f0085875_11114737.jpgたとえばこのプランクポーズ。 以前は当たり前に出来ていると思っていたけど、それは勘違い。ジョナサンに正しいポーズを教わると、この休憩にも近いと思っていたこのポーズが実はなんともキツイものだと初めて知る。ヨガに対して、謙虚な気持ちになっている。そして勘違いしていたなあ、と過去の自分を振り返り、そう思う。アドバンスのポーズが出来ることがヨーギ/ヨギーニにとって重要なことではなくて、ヨガの練習を通して何を自分が学ぶかが大切なんだと痛い経験を通してやっと分かる。形は後から付いてくるもので、それを追いかけちゃいけない。

これって日常の暮らしについても同じことが言えると思う。派手な出来事などなくても、毎日の一見平凡なことに大事な意味が隠されているということ。ちゃんと注意を払えば、今まで見えなかったことが見え、それから学ぶことがあるはず。幾つになっても刺激の多いことが好きな私だったけれど、ようやくしっかり地に足がついて着いてきたのかもしれない。
[PR]

by sakurasikibu | 2006-07-30 23:37 | ヨガ

正しく歩くことの勧め

今日、過去2ヶ月に及ぶ歩き方の訓練を終える。いい年をして歩き方の訓練というのも変だけれど、私はこの30余年の間、どうもおかしな立ち方、歩き方をしていたらしい。
正しい歩き方を教えてくれたのは先日も紹介したジョナサン。彼は先生暦は10年未満だけれど、解剖学の知識の豊かさは理学療法士以上だ。

私は去年ヨガが元で右股関節に腱鞘炎を患った。体が柔らかいことに調子に乗って無理をし過ぎたからだ。当の本人は自分に無理をしていることも気づかないほど間抜けであった。大好きなヨガを8ヶ月も休まなくてはならなく、その間は辛かった。患者さんから聞くトラウマの話をヨガなしで消化するのはキツイことでもあった。ストレス解消をする他の方法にはヨガほどの効果はなかった。
二度の理学療法のあと、ようやくヨガの練習に戻っても良いと言われても、足の付け根の微かな痛みは消えないままだし、また怪我をしやしないかと不安でなかなか練習に戻れなかった。
そんなころジョナサンの歩き方の訓練を知る。
ちょっと贅沢かなと思ったけど、怪我をしてヨガができなくなるのは二度とご免だったので、彼の言うことを信じてレッスンを受けることに決めた。歩き方がヨガの基本だと言うのだもの。

今日終えてみて、このレッスンは一生の財産になると思った。私は腹筋が弱く、まだまだ鍛えなくてはいけない。でも、どう体を動かせば怪我をしないで済むか、ジョナサンが教えてくれた。私はこの怪我のことをかなりの数のヨガの先生に伝え、どうしたら良いか指示を仰いだけれど、大方痛いところは使うな、といわれるのがおちだった。でも、このジョナサンときたらどこの筋肉をどう動かせば、痛みを和らげか、色々な方法を知っているのだ。彼に”ここが痛い、”というと、”じゃあ、ここをこう動かして”と指示される。言われたとおりにするとさっきまでの痛みがすーっと消えていく。魔術師のようだ。痛みの原因となった動きについても教えてくれる。

そして、歩き方そして体の造りって個人の性格を怖いほど反映しているなあ、と思う。体は柔軟だけど腹筋の弱い私。職場での自分そのものだと思う。人と協調したり、柔軟に物事に対応をするのは得意だけど、ピシッと芯を通すのは得意ではない。患者さんの子供達にも優しく話しを聞くのは得意だけれど、規則を破ったときなどに厳しく罰を与えたりすることは何年経っても苦手だ。要は甘いのだ。引き続き腹筋を鍛えたら、私の態度に真の強さが増すのかもしれない。

NYにお住まいのヨギー、ヨギーニの皆様、興味があったら彼のサイトに行ってみてくださいな。目からうろこ的なこの歩き方の訓練は本当にお勧め。
[PR]

by sakurasikibu | 2006-07-23 23:55 | ヨガ

御縁

とても久しぶりのエントリー。なんと5月27日以来である。このマメさ加減の悪さがいまだに独身の原因ではなかろうか・・・。

さて、今回のお題、”御縁”は私の結婚とは全く関係なく、自分の考えの及ばないところで不思議な出会いはあるものだな、ということに触れてみたくて選んでみた。
昨日の土曜日、NYは久しぶりに湿度の低い爽快なお天気の中、私は東京で言えば青山に当たるであろうSOHOの一等地で大きなショッピングカートを引き下げお洗濯に勤しんでいた。SOHOに住んでもいない私が何故に当地では数少ないコインランドリーを探しあぐねてまでお洗濯をしたかには理由がある。
以前ニューヨークでのヨガ生活でお馴染みの雅子さんも紹介されていたアイアンガーヨガの先生、ジェニーのヨガスタジオが夏期休暇の間、汚れたマット(正確には臭いマット)とブランケットを彼女の生徒が洗濯をする、というわけだ。集まった生徒は4人(そのうち一人は2時間遅れてきた)。土曜の朝8時、静まり返ったSOHOをブランケットを運んで歩くとはNYに住んでこの9年想像したこともなかった。洗ったブランケットの数、およそ130。マットは80枚弱。5ブロック離れたコインランドリーまで全部で6往復、合計4時間の労働。予想以上に体力を消耗してしまった。でも、やって良かったな、と思う。
お洗濯をした生徒にはジェニーのクラスを1回だか3回(よく覚えていない)フリーになるというご褒美付だったのだけれど、それ以上のものがあったなと思う。参加した生徒の一人はジェニーの愛弟子で彼女の留守宅を預かるHちゃん。とてもかわいらしい感じの人。ヨガの先生でもあり、アーティストでもあるそうだ。それからインド系のCさんはクールビューティーという感じ。フリーランスでドキュメンタリーフィルムを製作しているそうだ。現在はオカルト宗教について取材していてオウム真理教のこともとっても詳しく知っていた。遅れてきたTちゃんは弁護士志望でモンタナ出身の希望に燃えた素朴な感じのひとでした。3人とも私は全く知らない人たち。だって、ジェニーのクラスは実はまだ一度しか取っていないのだもの。当然事前にクラスで会うということもなかった。だけど、お洗濯をしている間、いろんなことを話して非常に楽しかったのである。特にHちゃんは日本びいきで前日の7月7日は友人と集まって七夕について学んで短冊まで書いたというのだ。びっくり。日本人のこの私だって、もうどのくらい短冊を書いていないことだろうか。最後はいつだったのかその記憶すらない。彼女は昨年3ヶ月日本に滞在したこともあり、日本語の勉強中。でも、日本語をちゃんと教えてくれる人が周りにいないそうで、これから私が怪しくなってきた日本語の回復も兼ねて彼女に僭越ながら教えることになったのだ。ランゲージイクスチェンジということだったけど、私は英語よりヨガを教わりたいな、と思っている。

そして今日、今私がもっとも信頼しているヨガの先生、ジョナサンのワークショップに参加する。彼には毎週日曜歩き方を教わっている。彼曰く、歩く姿勢がヨガの大基本であり、それができていないとヨガのクラスをどんなに取っても身につくものはすくないと。そのジョナサンが今日その歩き方のレッスンの後に肩の筋肉に的を絞った3時間のワークショップを開催していて、飛び込み参加する。そのクラスには2,3のヨガの先生も参加していた。一人は私が以前Equinoxというジムのヨガクラスでお世話になっていたダイアナだった。もう一年以上も前のことだったけど、彼女も私のことを覚えていてくれて、なんだか嬉しい気分だった。ダイアナはマンハッタンに住んでいて、ブルックリンまでは結構遠いらしいし、滅多にジョナサンのところにくるわけでもなさそうなのに、偶然今日一緒になった。ここでもなんだか不思議な縁を感じた。そして今日知ったことだけどジョナサンもジェニーに教わっていたことがあるらしく、今では良い友人だと言っていた。世間は狭いというか、御縁は繋がるのだよなあ、と当たり前のことだけど、しみじみ思うのであった。みんな一つに繋がっているということなのだなあ、と。
[PR]

by sakurasikibu | 2006-07-09 21:57 | ヨガ